適切な認証機関を選ぶ
まず始めに…
よくあるご質問
交渉条件
手数料

適切な認証機関を選ぶ

あなたの会社特有のニーズに応えてくれる、適切なコーシャ認証を見つけるにはどうしたらよいでしょう?

コーシャ認証に関して必要なことを地元のラビ評議会が計らってくれるビジネス環境にいらっしゃるのでなければ、さまざまな認証の長所を比較しようとして、きっと当惑なさることでしょう。コーシャ認証団体のすべてが同じであるわけではないのです!

このプロセスでは、弁護士・財務顧問・事業の要となる社員などを選ぶ際に用いるのと同じようなやり方で取り組むことが非常に大切です。つまり、手をぬかないということです! 適切な質問をし、コーシャ市場に存在するすべてのオプションを検討することで、のちのち不愉快な思いをしたり、余計な費用がかかったりといった事態を避けることができるかもしれません。

まず始めに…

さまざまな認証団体と面接したり、その長所・短所を検討したりし始める前に(すでに認証を受けており、変更を考えている場合も同様です)知っておかなければならないのは、信頼がおける団体は、あなたの会社に対する信用だけに基づいて製品を認証することはない、ということです。

その他の多くのことに加え、コーシャ認証機関は以下のことを要求します:

工場視察

製法・設備の徹底的な見直し

原材料の出自に関する詳細
製品のコーシャ認証に関連した書類等を検討する許可

コーシャ認証機関が、「信用」に基づいて認証を発行してくれると期待するのは、現実的ではありません。さらに、もしラビや個々の団体から、書面によるやりとりだけに基づいて認証を発行すると言われたら、そのような認証が広く受け入れられることはないと、ただちに疑わなければなりません。他の信頼がおける団体は、そのような認証の有効性をおそらく認めないでしょう。このため、認証プロセスを最初からやり直さなければならなくなる可能性があります。それが不愉快な経験であることは、言うまでもありません。

よくあるご質問

ある認証がどれだけ広く受け入れられているかを判断するには、どうしたらいいでしょうか。

まず、あなたの得意先や卸売り業者、または類似品を販売している会社に、特定の認書に関してどんな経験があるか、問い合わせてみることをおすすめします。

また、あなたの製品を販売している、または将来そうしたいと考えているさまざまな都市の、地元のラビ団体と連絡をとりましょう。その都市でカシュルート(食物の清浄規定)を監督するラビが、自分の会衆の間でどの認証がもっとも人気があるかを教えてくれるでしょう。どのコーシャ認証団体も、それらの都市でカシュルートを監督しているラビの名前・電話番号を教えてくれます。

顧客の好みが地域毎に異なり得ることは、すでにお気づきのことでしょう。また、アメリカやヨーロッパの都市に住むコーシャ消費者は、別の地域のラビ団体の認証を受け入れないかもしれません。そのような場合は、全国的または国際的な影響力があり、そのマークなら世界的に受け入れられると思われる認証団体を選ぶことが大切です。世界的な評価を得ている団体ですら、100%受け入れられるわけではありません。自分たちのラビによる認証を主張する小グループが、常に存在するためです。もうひとつ考えなければならないことは、その認証が、日頃からコーシャ認定商品を求めているイスラム教徒やセブンスデー・アドベンチスト、またはベジタリアンのグループらに受け入れられるかどうか、という点です。

その認証団体から、どのようなサービスを期待できますか。

認証の受け入れ度に加え、考慮中の認証団体が、どのようなレベルのサービスを提供してくれるかについても注意しなければなりません。

その団体は、あなたのニーズに対し、どれくらい速やかに応えてくれるでしょうか。あなたが調味料会社の社長であり、あなたの得意先がコーシャ認定の調味料を至急必要としているとします。その認証団体は、決められた期間内にサービスを提供するのに十分で適切なスタッフを抱えているでしょうか。コーシャ認定の原材料を手に入れるのがむずかしい状況にあるとき、その原材料の適切な供給先を見つける手助けをしてくれるだけのリソースを、その団体は持っているでしょうか。電話で質問したり、承認を受けるため新しい原材料を提出したりするとき、妥当な時間内に答えをもらえているでしょうか。

遠方から仕入れる原材料が認証を必要とする場合、その団体は、手軽に製造施設を検査できるカシュルート専門家を世界中に抱えているでしょうか。それとも、その遠方の施設に自分たちのスタッフを送る必要があるため、コストがかさみ、製造が遅れるという事態を引き起こしているでしょうか。

あなたの得意先が、ある原材料のコーシャ認証ステイタスに関して問題ありとする場合、認証団体自ら、その製品を認証するラビと連絡をとり、誤解を解消したり、あなたの製品が得意先の要求するコーシャの必要条件すべてにかなうよう取り計らってくれたりするでしょうか。

その団体は、マーケティングに関する助言も提供する用意があるでしょうか。あなたの製品をコーシャ消費者に紹介する手助けをしてくれるでしょうか。または、コーシャ市場に精通した卸売り業者の名前を教えてくれるでしょうか。

その認証団体は、どんなスキルを提供してくれますか。

認証団体が、特定の業界についてどれだけのスキルと知識を持っているかを調べることが大切です。例えば、あなたがクエン酸やアミノ酸などの化学製品を製造しているならば、最初に工場を視察するラビが工業用発酵について精通しているかどうか、確認しなければなりません。そうでなければ、知識不足のせいで、スムーズな認証プロセスに支障をきたすこととなるでしょう。

バター・チーズ製造所や飲料製造工場、パン工場、缶詰工場などに認証を発行するラビは、これらの各業界で一般的に使われているテクノロジーとシステムについて、基本的に理解していることが必要です。ラビの中には、認証する業界について経験をもたないため、最終製品のコーシャステイタスに影響しないような新しい工程や原材料の使用を、誤って禁止する人たちがいます。

その認証団体が、認定する企業へ提供するサービスについて、本当に熱心に取り組んでいるかを判断するためには、このような質問をしなければなりません。その特定の団体から認証を取得したすべての会社の詳細リストを渡してくれるよう、ラビに頼みましょう。そしてそのいくつかに電話して、その団体から受けているサービスのレベルに他の会社が満足しているかどうかを判断しましょう。

交渉条件
コーシャ認証条件の交渉中はそれほど明白ではないかもしれませんが、あとからたいへん深刻な問題となり得る点は、原材料の供給者がコーシャ認証を取得する必要があるかどうかを事前に知っておくということです。もしその供給者がすでに認証を取得しているなら、その認証は信頼に足るものでしょうか。ほとんどの場合、信頼がおける団体は、他の信頼がおける団体の発行した認証を受け入れますが、この原則には多数の例外があります。あなたの供給業者のあるものが問題となる場合に備えておかなければなりません。あなたには、その認証団体が100%誠実であり、もしあなたの供給業者の一部を否定することがあれば、筋の通った説明を提供してくれるものと期待する権利があります。もしその団体が納得いく説明を提供できなければ、どこか別の団体を探し始める必要があるというサインかもしれません。

手数料
コーシャ管理に対して請求される手数料に関しては、かなりのばらつきが見られます。これは名のとおった、大手の団体間でも同様です。特定の料金構造について理解することは、必要な時間と手間をかけるだけの価値があります。

さまざまな団体から見積書をとることをおすすめします。年間手数料・旅費の返済・場合によっては日当・初回視察手数料などについて、あらかじめ尋ねておきましょう。STAR-Kでは、販売量に基づいたコーシャ認証の手数料請求に強く反対しています。そのような場合、認証団体は依頼主のパートナーとなり、「自己認証」となってしまうため、正当とは認めがたい、というのが私たちの意見です。

見積もり額が妥当とは思えない場合は、あなたの交渉力を発揮してみましょう。認証団体は、一定の条件下において、通常料金をある期間割り引く用意があるものです。コーシャ市場を試してみてから認証を維持するつもりがあるか決断するオプションを提供してくれる可能性もあります。

最後に、必要な準備をすることの重要性を繰り返し強調したいと思います。コーシャ認証団体と契約を結ぶ前に、その団体の長所と短所の両方を理解しておくことが大切です。認証契約書にサインする時、コーシャ家族の一員となりつつあると感じ、その団体があなたのために働いてくれると感じるなら、あなたは正しい選択をしたということを意味します。

コーシャ認証を取得した製品に対する需要は、過去25年間に急激に増加しました。もっと具体的に言えば、コーシャ市場はこの期間に年間15%の割合で成長しています。

コーシャ消費者
ユダヤ人市場
イスラム教コミュニティー
その他の宗教団体
乳糖不耐症患者
ベジタリアン
品質保証

コーシャ消費者
世界中で何百万人もの人々が食事内容を制限しており、確実に自分たちの好みにかなうよう、コーシャマークがついた製品を求めています。市場調査研究によると、コーシャ食品に対する興味は、特定の民族集団の関心にとどまりません。コーシャ食品の消費者は、ユダヤ人・イスラム教徒・その他の宗教団体の信者・ベジタリアン・乳糖不耐症患者をはじめ、「コーシャの方がすぐれている」と理解している人たちを含みます。

ユダヤ人市場
ユダヤ人消費者は、コーシャ市場の45%近くを占めています。統合マーケティング・コミュニケーションズ部門の発表によると、およそ250万人のユダヤ人がコーシャ食品を消費しているといいます。

イスラム教コミュニティー
世界中の何百万人ものイスラム教徒が、コーシャの規定に似た食生活に従っています。コーシャ認定食品は、ハラールの規定にかなっているため、イスラム教徒の間でも人気があります。イスラム教コミュニティーを対象とした多数の調査が、コーシャマークに対する関心の高さを示しています。実際、コーシャ認証を受けた食品が同コミュニティーに採り入れられた結果、現在コーシャ市場の20%近くをイスラム教徒が占めるまでになっています。

その他の宗教団体
セブンスデー・アドベンチスト教会をはじめ、キリスト教の教派の中には、ユダヤ教と同じような食事規定を守っているところがあります。例えば、セブンスデー・アドベンチスト教会では、豚肉が許されていません。食品につけられたコーシャマークは、これらの人々の食事に対 する懸念が解消されたこと、その食品が許されていることを保証します。

乳糖不耐症患者
何百万人もの人々が、乳糖不耐症を患っています。また、乳製品に対してアレルギーがある人たちは、乳を使った原材料をほんの少量摂取しただけで、死の危険にさらされる可能性があります。コーシャ規定では、肉と乳を完全に分けることが要求されます。ですから、乳製品(dairy product)を含む食品は、コーシャマークと共にDの文字が表記されていなければなりません。Dの文字がない場合、またはパラベ(Pareve:ヘブライ語で「中立の」を意味する)の指定がある場合は、その食品が乳製品を含まないことを保証しています。乳糖不耐症や乳アレルギーを持つ消費者がコーシャマークを探すのは、その食品が乳を使った原材料とどんな接触も持たなかったことを保証しているからです。

ベジタリアン
ベジタリアンは、さまざまな理由で、肉・鶏肉・魚を食生活から排除します。STAR-Kマーク、またはパラベ(Pareve)の指定を伴うSTAR-Kマークは、その食品が肉・乳・鶏肉を使ったどんな原材料をも含んでおらず、ベジタリアンによる利用に適していることを保証します。

品質保証
ラベルに印刷されたコーシャマークは、その食品が宗教的基準にかなっていることを示しているだけではありません。それは高品質の印であるとともに、グッドハウスキーピング認定証と同様、品質の保証でもあるとみなされています。実際、2001年に統合マーケティング・コミュニケーションズ部門が行った調査によると、コーシャの方がすぐれていると確信している消費者は、市場の25%を占めています。上記のような食事規定を気にしない消費者でさえ、安心を上乗せしてくれるものとして、食品を購入する際にコーシャマークを探しているのです。
消費者が味と見かけで食品を購入していた時代は、とっくに過ぎ去りました。昨今の消費者は、食品を吟味する際に、原材料と栄養成分とをチェックします。彼らは自分たちが食ベる物についてたいへん心配しており、製造工程や使われている原材料を問題にします。厳密な管理と細心の気配りをあらわしているコーシャマークは、さまざまな期待を持つ最大数の消費者に対し、最高の品質を保証します。
コーシャ市場は、食品業界に数多くの機会を提供します。STAR-Kでは、業界に対し、コーシャマークをつけた食品がどのように販売・市場戦略の一部となり得るか、検討するよう推奨しております。申請用紙をお求めになり、お気軽に私たちのフィージビリティ・スタディ(無料・申請義務なし)を最大限にご活用ください。STAR-Kのスタッフが、喜んでお手伝いいたします。